水道修理の方法

水道修理の方法 水道の蛇口は、非常に重要な役割を持っています。非常に精緻に作られているので、水漏れのトラブルの可能性も高いパーツです。水道の蛇口は普段何気なく使っているものですが、正しい知識を持って使っていかないとダメージを受けることになりますので注意が必要です。また、水道の蛇口の寿命を気にする必要をなくすために、一定の期間が経ったら新しい蛇口に交換するのもお勧めです。定期的にメンテナンスすることも必要です。蛇口が故障すると水道を円滑に使うことが出来なくなるので、かなりの不都合を感じることになります。蛇口のトラブルが発生した時の対処方法については、あらかじめ把握しておくといざという時に大いに役立ちます。

■水道 水漏れの解決方法

蛇口からの水漏れの原因は、大別すると劣化している場合と破損している場合の2種類に分けられます。内部に使われているゴム製のパッキンが劣化している場合には、それを交換すればすぐに蛇口は元の状態に回復します。摩耗によって蛇口自体が劣化している場合も、その部分だけを交換することになります。しかしながら、蛇口の構造自体に損傷がある場合には、蛇口そのものの交換が必要です。蛇口の状態について一般の人の場合は確認することが難しいので、蛇口からの水漏れの場合には専門の業者に状態を確認してもらいます。

■自分で蛇口の工事をする場合
専門の業者に確認してもらって、部品の劣化が起きているだけの場合には自分で蛇口の修理も可能です。例えばパッキンの交換などはそれほど難しくありません。ホームセンターなどでパッキンを購入して、専用の工具を使って修理をすれば問題ありません。修理する場合には必ず専用の工具を使うようにしなくてはなりません。更には、正しい方法での修理が必要です。正しい知識の元に交換修理をしないと蛇口に損傷が起きることも考えられますので、あいまいな知識のままの修理は絶対に避けます。さもないとすぐにまた蛇口からの水漏れが起きることも考えられるからです。正しい知識がないままで自力修理に不安を覚える場合には、専門の業者にすべてを依頼しましょう。簡単な水道 修理だからといって断られません。できるだけ丁寧な対応の業者をネットサイトなどの評判から検索することも可能です。

■蛇口には寿命がある

蛇口の寿命は一般的に10年前後と言われています。ですから寿命をめどに蛇口の交換をすることが必要です。長期間同じ蛇口を使っていると、蛇口の劣化が起きてしまって、水漏れしてしまうことが考えられます。
正しい方法で蛇口を使っていかないと10年たたないうちに蛇口が壊れるというようなケースも出て来ます。例えば、蛇口を閉めてもポタポタ水が落ちるという場合、さらにきつく閉めつけると内部のコマが摩耗しやすくなります。また、蛇口の部分にゴミなどがついていると、蛇口部分の腐食が進みますので、こまめに掃除をすると良いでしょう。蛇口の劣化が起こる前に、定期的に蛇口を新しい物に変えてしまうという方法もお勧めです。更には、業者にお願いして、定期的に蛇口のメンテナンスをすると蛇口の劣化を最小限にできます。

■まとめ
水道からの水漏れの原因として一番大きなものが、蛇口部分のトラブルです。蛇口部分に使われている部品が劣化している場合には、自分で簡単に修理できますが、蛇口自体が損傷している場合には、蛇口の交換が必要です。蛇口の交換は専門の業者に依頼することで確実な修理ができます。
どんなに丁寧に使っていても、一定の期間が経過すると経年劣化によって蛇口からの水漏れが起きることも考えられるので、経年劣化をする前に新しい蛇口に交換がおすすめです。この方式であれば、水漏れの心配もなくいつも快適に蛇口を使用できるはずです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース